しつこい鼻づまりにぴったりなアイテム|万病の元を断ち切れ

ドクター
このエントリーをはてなブックマークに追加

補聴をする器具

困るメンズ

どのような構造なのか

補聴器は難聴などで耳の聞こえが悪くなっている状態を補助するために開発された器具で、外部の音を大きな音に調節して聴覚に伝えたり、音を聞き取りやすく加工する仕組みがあります。どのくらいの大きさに調節したら良いか、どのように加工したら不快感なく聞き取れるかは人それぞれなので、同じ難聴でもその人に合った補聴器を選びます。また、補聴器に調節を行ってから使用します。補聴器の構造はマイクロホン・アンプ・スピーカーがメインであり、他にバッテリー部分や音の出入り口などがあります。マイクロホンには音を集める機能があり、360度を同じ感度で入力変換する無指向性と前方に感度が集中する指向性があります。アンプでは音を大きく調節する機能があり、現代技術では雑音カット機能もついています。スピーカーは、アンプで調節された音を聴覚に伝える存在です。最近ではより小さいものが開発されているので、耳につけても目立たない補聴器が増えています。

手入れやメンテは怠らずに

補聴器は器械なので、いつかは故障する可能性があります。使用年数は一般的には5年ほどですが、使用環境により大きな差がありメンテナンスを定期的に行っている方が長く使い続けることができます。日常的に肌に触れているものなので、汗や皮脂が付着します。一日の終わりなど、手入れの時間を設けて習慣的に手入れを行うと良いです。メンテナンスは、補聴器専門店などで行えます。難聴の方にとって補聴器はとても大切なものですが、安価なものではないので、できるだけ長く使い続けられることが望ましいと思います。日頃の扱い方や手入れを意識しながら定期的なメンテナンスを行うと、10年以上故障なく使用できる可能性もあります。難聴は誰にでも起こり得ることなので、耳の聞こえが悪くなったと感じた病院で検査を受けたり補聴器の検討をしてみると良いと思います。